おせち料理は一年最初のご馳走

冬も近づいてくると、おせち料理の宣伝などが目についてくる様になりますよね。

おせち料理と言えば、お正月にいただく、一年の始まりに一番最初にいただくご馳走です。

普段、当たり前の様におせち料理を食べている人もいるかもしれませんが、おせち料理というのはただ単にお正月のお祝い料理というだけではなく、一年の幸せを願う様々な願いが込められているのです。

ご存知でしょうか?

おせち料理というのはかなり古くからあった様で、その始まりを調べてみると、おせち料理はもともと一年の間にある各々の節目に神様にお供えするためのお料理とされていたそうです。

古い時代から節目というのは大事にされてきたことがわかります。

そしてそれぞれの節目の中でももっとも目出たい、もっとも重要と考えられたお正月には特別なおせち料理を用意する様になり、それが今のおせち料理となったと言われています。

おせち料理というのは地域や家庭によって、味や料理が異なるのですが、それでも基本的なことは同じであり、家族の一年を願うそんなお料理が詰められています。

お重箱に詰めるというのも幸せがかなさります様にという願いが込められていたり、詰め方も美しく縁起の良い詰め方を、そして食材からは見た目と絡ませて、子孫繁栄や長寿、安全、五穀豊穣、一家安泰などを思い、料理が選ばれています。

一年の始まりに家族みんなでおせち料理をいただくというのはとても有り難く、そして幸せなことなのではないかと思います。

参考サイト⇒http://ilmondoe.net/